株式会社やるねん

株式会社やるねん 経営理念

経営理念

1) 一軒一軒1人1人魂を込めて店作りと人材育成を行う。

2) 従業員が選択できるステップや新たな挑戦へのステージを作る。

3) どんな時代でもお客様に支持される店作りと従業員に喜んでもらい利益を得る。

行動指針

1) 「究極のエンターテイナー集団を目指す」

エンターテイナー(entertainer)という言葉を耳にした事があると思います。
エンターテイナーを辞書で引いてみると
「人々を楽しませる(喜ばせる)方法を身につけている人」と記載されております。

ここでいう人々というのは私たちからすると
まずは来店して頂けたお客様を楽しませる(喜ばせる)事が挙げられます。

しかし私達はそれだけではないと考えております。
飲食店でお客様を楽しませる(喜ばせる)のは当たり前の事です。

それだけでなく、一緒に働くスタッフ、お店の手助けをしてくれる業者さん、店を貸してくれている方、更に自分の家族や友人等自分と関わる全ての人を楽しませる・喜ばせる事が出来てこそ究極のエンターテイナーだと考えております。

そして北新地鳥屋は全てのメンバーが究極のエンターテイナーで構成された集団であり、一人でも多くの人々を楽しませる(喜ばせる)事を使命と考えております。

2) 家族・友・夢のためにやるねん
北新地鳥屋は株式会社やるねんによって運営されています。この「やるねん」という言葉にも意味があります。

皆さんは何のために働いているのでしょうか。
生活の為でしょうか?遊ぶお金が欲しいからでしょうか?
皆さんは家族や友人も居るでしょうし、これらの理由はどちらも少なからずあると思います。
しかし、その為だけに働くという事はあまりにも勿体無と私たちは考えております。

月並みですが、私たちの人生は一度しかありません。
その中で自分の夢を持って夢に向かって進んでいく事が素晴らしい事だと考えております。

ただ、我々は究極のエンターテイナー集団であり、自分の夢の為だけに生きるのではなく、自分を支えてくれる家族や友の為にという事を第一に考え、そして最後に自分の夢の為に仕事を"やるねん"という意味が弊社の名前に込められております。

3) 人に「100」喜んでもらって自分が「1」成長していく
昔の自分自身を振り返ったときに成長した事を実感する事はありますが、成長する瞬間を感じることはそうありません。
しかし、究極のエンターテイナーを目指していく中で一つだけ言える事があります。
それが"人に「100」喜んでもらって自分が「1」成長していく"という事です。
人はそう簡単に成長するものではありませんが、日々周囲の人達を喜ばせば喜ばせるほど、自分の成長に繋がると同時に、自分が困った時に助けてもらえる可能性が高まるという相乗効果が生まれると考えております。

▲このページのトップへ

copyright(c)2006 Yarunen Ltd. All rights reserved